ノベリードの不動産管理

ノベリードの不動産管理 不動産管理とは、お客さまが不動産投資に伴い、賃貸借業務を円滑に行うための、ノベリードが提供する業務サービスの一つで、お客さまの大切な不動産をすべての面で、支えていく管理体制にあります。
一般的に、投資目的で所有する不動産の多くは、専門的な知識が必要で、入居者たちに対しても個々の対応が必要となってきます。
オーナーとなられるお客さまは、賃貸借業務を行うに当たり、入居者の募集あるいは賃貸借契約、契約更新や解約の手続きを行わなければなりません。
また、契約書の作成はもちろんのこと、損害保険や火災保険の加入など幅広い対応が必要であり、そのすべての対応をオーナーが行うことは、非常に困難なのです。
ノベリードは、こういった不動産管理を、すべての面で賃貸借業務を円滑に行うための業務の一部として、責任を持って管理しています。
最近ではサイドビジネスで、こうした不動産投資を行うオーナーも少なくありませんが、わずらわしい不動産管理をすべて任せることができることは、さまざまなメリットがあります。
そのメリットの中には、入居者たちと直接相対することなく賃貸借業務が行えるため、トラブルなどに巻き込まれる事態を回避することができるということも含まれます。

賃貸建物管理の詳しい過程とその流れ

賃貸建物管理の詳しい過程とその流れ ノベリードでは、オーナーであるお客さまに対して、円滑に賃貸借業務を遂行するための詳しい過程を説明しています。
まず、賃貸建物管理業務における費用として、業務委託契約手数料を支払います。
そして、入居者の契約更新時には、更新時手数料として、新家賃の1カ月分の50パーセントが必要になります。
賃貸借契約の際に発生する敷金などは、基本的にノベリードが保管することになっています。
入居者が退去する際、リフォームが必要な場合にはこの敷金を改修費に充当し、オーナーの負担を軽減します。
基本的な賃貸建物管理は、まず入居者を募集するところから始まります。
具体的には、ご紹介用の賃貸募集図面を作成し、専門の賃貸不動産ポータルサイトに情報を公開します。
連携不動産業者への賃貸物件情報を配信することで入居者を集めます。
そして、お申し込みされた入居者の審査を含め、契約書の作成および説明、火災保険等の保険加入などの手続きをします。
このようにして契約、更新、解約を円滑に行い、入居者からの家賃を徴収し、オーナーに送金します。
また、万が一の家賃滞納催促や入居者トラブルにも対応しています。